東京都

世田谷区、杉並区、八王子市をモデルに、東京都の粗大ゴミの出し方をご紹介しています。

東京都の粗大ゴミの出し方をチェック!

ここでは、東京都の市区部での粗大ゴミを出すまでの手順をご紹介しています。自治体によって細かい手順は異なりますが、ここでは世田谷区、杉並区、そして八王子市を代表としてご紹介していきたいと思います。

世田谷区

世田谷区の粗大ゴミは、基本的にはインターネット受付もしくは世田谷区粗大ごみ受付センターへの電話で申し込みをします。粗大ごみ処理手数料一覧に掲載されている、一般的な品目についてはインターネット受付が便利です。ただ、ここに掲載されていないものは、受付センターへ直接電話申し込みをする必要があります。

電話申し込みの場合
電話申し込みでは、収納家具類などはあらかじめ大きさの計測が必要です。最長辺と、その次に長い辺を計測してから申し込む必要があります。

ゴミの出し方
粗大ゴミは、世田谷区の有料粗大ごみ処理券を貼って、所定の収集場所に朝8時までに出します。なお、直接収集センターへ持ち込むことも可能です。こちらのほうが処理手数料が安くなるので、車などを持っていれば安上がりです。

杉並区

杉並区の粗大ゴミは、最長辺が30cm以上で、かつ220cm以内のものが回収の対象となっています。こちらも、24時間受け付けのインターネット申込みか、粗大ごみ受付センターへの電話、ファックスで申し込むことができます。いずれの場合も、高さ、幅、奥行きを計測してから申し込む必要があります。

ゴミの出し方
世田谷区と同様に、杉並区の有料粗大ごみ処理券を購入して、処分するものに貼り、朝8時までに所定の収集場所に出します。所定の場所への自分での持ち込みも可能ですが、日曜日午前9時~午後4時のみの受付。また、1回につき5点までという制限があります。

八王子市

八王子市の粗大ゴミは、布団、たんす、テーブル、カラーボックス、自転車、ストーブ、ソファー、ガスコンロなどが「出せるもの」の例として挙げられています。その他、40リットルのゴミ収集袋に入らないもの、重さが5kgを超えるものが回収対象となっています。申し込みはインターネットか電話で受け付けてもらえます。品目、数量などを伝え、受付番号を発行してもらいます。

ゴミの出し方
粗大ごみ処理券を貼って、朝8時30分までに出します。戸建の場合は家の前、集合住宅の場合は所定の位置に出します。処理券には、発行された受付番号を書き込みます。

自治体の粗大ゴミ回収はここが面倒…

以上の手順で粗大ゴミを処分することができるのですが、いくつか面倒なことがあります。たとえば、八王子市は申し込みが平日の昼間のみ。平日お仕事をされている方はインターネット申込みしかできません。でも、世田谷区のように電話受付が必要な品目があったりするので、申し込みできる時間や日にちが限られています。また、杉並区のように、大きすぎるものは回収できないということもあります。なんでも回収できるというわけでないので、注意が必要です。

リサイクル法が厄介
PCや冷蔵庫、エアコン、洗濯機はリサイクル法で処分方法が定められており、自治体の粗大ゴミには出せません。別途回収業者に申し込まなければならないので面倒です。

民間の粗大ゴミ回収業者の方が便利!

なかなか融通が利かず、利用しにくい自治体の粗大ゴミ回収。それなら、民間の業者に依頼したほうがよいのではないでしょうか。回収できるものの制限があまりなく、リサイクル法で制限されるものもまとめて処分をしてくれます。家から収集場所まで運び出す手間もないし、回収の日時も都合のいいときを指定できます。ものによっては処分でなく、買取りもあるかも?民間業者を利用した粗大ごみの処分方法は、別ページで解説しています。ぜひそちらをチェックしてみてください。

格安で利用できる!不用品回収業者のリストはこちら>>

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ