埼玉県

埼玉県の各エリアでの粗大ごみの出し方を解説しています。ぜひチェックしてください。

埼玉県での粗大ごみの出し方、ちょっと面倒かも…

埼玉県の各エリアでの粗大ゴミの出し方を調べてまとめています。代表としてさいたま市、所沢市、川口市の粗大ごみ回収制度をご紹介します。調査の結果わかったのは、ちょっと粗大ごみの処分には手間がかかって面倒かも…ということ。自治体の回収以外の選択肢もご紹介しています。

さいたま市

さいたま市では、最長辺もしくは直径が90~200cmのものを粗大ゴミとして回収しています。家具類については、再利用ができるものは処分ではなく、リユース品として回収してもらうことも可能です。戸別収集もしくはごみ処理施設への直接搬入が可能です。戸別収集の場合は粗大ゴミ受付センターへ申し込みをして、品目と数量を伝え、回収日と受付番号を聞きます。直接持ち込みの場合は申し込み不要のようです。

ゴミの出し方
戸別収集の場合は、さいたま市粗大ごみ等処理手数料納付券を購入し、ごみに貼って収集日の朝8時半までに所定の場所へ出します。収集は平日と祝日のみ。

所沢市

所沢の場合は、一辺の長さが50cm以上の大型耐久消費財を粗大ゴミとしています。申込みは、地域管轄のクリーンセンターへ直接電話申し込みをします。品目を伝えると、料金と収集日を教えてもらえます。また、インターネットでの申し込みも可能です。

ゴミの出し方
所沢市でも同様に、粗大ごみ処理手数料納付券を購入して、ごみに貼り付け、収集日の朝8時半までに所定の場所に出しておきます。氏名、収集日も忘れずに記入しましょう。なお、クリーンセンターへの直接申し込みも可能です。事前申し込みは必要なく、また50kg未満のゴミなら無料で受け付けてくれます。ただし、平日と第1土曜日のみの受付となります。

川口市

川口市の場合は、一辺が40cmを超えるものが粗大ゴミとされています。ちょっと大きいごみは粗大ゴミになってしまいますね。川口市でもインターネットもしくは電話での申し込みが可能です。電話の場合は平日のみの受付となっています。収集日と料金、受付番号を確認しておきましょう。

ゴミの出し方
川口市廃棄物処理手数料納付券を購入して、収集日の朝8時30分までに所定の場所に出します。戸建の場合は自宅の門の前、集合住宅の場合は建物専用の粗大ゴミ置き場か、1階集合玄関前などに出します。

自治体の粗大ゴミ回収が面倒なところ

自治体の粗大ゴミは、一般的によく知られている処分方法ですが、ちょっと面倒です。さいたま市のように、電話受付のみの場合は、平日仕事をしている方だと申し込みをするタイミングがありません。しかも、1度に回収してもらえるものの数が決まっていて、たとえば所沢市は1回に5点、川口市は15点までとされています。また収集日はこちらでは選べなくて、都合のいい日に回収してもらうこともできないんです。

民間の粗大ゴミ回収のほうがラク!

一方、民間業者はいつでも電話一本、あるいはメールで申し込みができます。回収の制限もないし、自治体のようにPCや冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの家電、タイヤやバッテリーなどはお断り…なんてこともありません。しかも、まだ使えるものは買取をしてくれるので、安く済む可能性もあります。このサイトでは民間の粗大ごみ回収の業者を利用する方法もリサーチしていますので、そちらもご参照ください。

民間業者の粗大ゴミ処理についてはこちら>>

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ