HOME » 【個人編】不用品回収業者の利用例 » 遺品整理を依頼するなら、不用品回収業者も選択肢の一つに

遺品整理を依頼するなら、不用品回収業者も選択肢の一つに

高齢化にストップがかからない現在の日本で、急速にニーズの高まりを見せているのが「遺品整理サービス」です。今までは遺族が自分たちで故人の遺品を整理するのが一般的でしたが、「家族が少ない」「隣近所と交流がない」「人出と時間がない」などの理由で遺族だけだと限界があると感じ、東京・神奈川・千葉・埼玉などの首都圏を中心に遺品整理サービスを第三者に依頼するケースが多くなっているようです。

また、独居老人が孤独死するケースが増えていることから、マンションやアパート経営をされている方からの依頼数も増えていると言われています。不用品回収を行う業者に遺品整理を頼むメリットは、以下をご覧ください。

故人の財産以外は一括処分してくれる?

故人の預金通帳や印鑑、財産と考え得るものは分与の対象となるため、相続の観点からこれらは身内で行う必要があります。しかし、それ以外のものは不用品回収業者に依頼すればまとめて処分してもらえます。

家電や家具、洋服、書籍、CD、趣味のコレクションなど、遺品を細かく見ていけば枚挙にいとまがありません。これらを遺族が自分たちの力だけで処分するとなると、相当な時間や労力がかかります。子供が多かった昔ならそれも可能だったでしょう。親戚が近くに住んでいた時代は、皆が総出で遺品整理を行ったものでした。ところが近年はそのような環境が一般的でなくなっています。

こういった時、不用品回収業者に相談すれば遺品をワンストップで処理してくれます。業者の利用は時間や手間だけでなく、精神的な負担の軽減にもつながります。それでなくても、遺産相続やその手続きに遺族は大変な思いをするもの。このようなサービスを利用すればかなりメリットがあるはずです。

遺品整理業者に依頼するのと何が違う?

遺品整理業者という専門業者がいることをご存知でしょうか。遺品整理業者は遺品をしっかり供養してから処分してくれるのが特徴ですが、その分だけ費用はかさみます。遺品が多いほど、整理にかかる金銭的負担も大きくなると考えられます。

不要品回収業者は、要望に応じて遺品整理もやってくれます。供養する遺品とその必要がない遺品を選別するサービスはありませんが、まとめて処分してもらえる点は魅力です。遺品だからといって必ず供養が必要という訳ではありませんので、そのように考えられる方にとっては不要品回収業者がベターな選択と言えるでしょう。

また同じく、何らかの理由により遺品を自分たちで分別できないという場合も不要品回収業者に頼むメリットはあると言えるでしょう。実は、遺品整理業者にお願いした場合も、供養するもの・供養しないものを判断するのは同伴者(遺族)だからです。そもそも判断することが難しいなら、遺品整理業者に声を掛けるのは得策ではありませんよね。自分たちでどうしても供養したい遺品だけをピックアップし、後日供養してもらえばよいのです。

遺品整理の相談は安心できる業者に

遺族の考え方や故人への思いの強さなどが反映されるデリケートな作業、それが遺品整理です。それゆえ「一緒に暮らしていた家族だけでやりたい」という方ももちろんいるのですが、昨今では不用品回収業者に相談される方も多くなっています。

第三者に遺品整理を相談するなら、できるだけ安心できる不用品回収業者を選びたいものですよね。実際に問い合わせをしてみて、遺族の考え方に合ったサービスを提供してくれる業者なら納得の遺品整理につながるでしょう。

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ