HOME » 【個人編】不用品回収業者の利用例

【個人編】不用品回収業者の利用例

個人でも便利に利用できる、不用品回収業者の利用例をご紹介しています。

こんな時に利用したい!不用品回収業者の便利な利用法

引越しをはじめ、家具や家電の買替え、遺品整理、ごみ屋敷の解消など、不用品をたくさん処分する場面で役に立つのが不用品回収業者。

不用品回収業者というと、どちらかといえば法人や団体が利用するイメージがあるかと思います。でも、実は個人でも便利に使えることをご存じでしょうか?ここでは、不用品回収業者を利用するメリットや、実際に使ってみた体験談をご紹介したいと思います。

引越し

引越しの荷造りをしていると必ず驚くのが、「こんなにたくさんモノがあったの?」ということ。引越しはいらないものをまとめて処分するチャンスです。でも、ごみの分別や粗大ごみの処理など、面倒なこともたくさん。

それをまとめて引き受けてくれるのが不用品回収業者。忙しい引越し作業の大きな助けになります。

引越しについて詳しく

家具・家電

家具や家電の買替えをしたり、使わなくなったものを処分するときに、ふつうのゴミ回収では捨てられないことがあります。ものによっては、リサイクル法によって粗大ごみにさえ出せないことも。

そんなときに使いたい、不用品回収業者。リサイクル法などに関わらず、処分をまるごとお任せすることができます。大きな家具・家電は、運ぶだけでも大変。一人暮らしの方では、粗大ごみに出すのも一苦労です。それなら、業者に頼んでしまった方が気軽ではないでしょうか?

家具・家電について詳しく

遺品整理

家族の人数が減ったり、核家族化が進むことで、実はニーズが高まってるのが遺品整理のサービス。遺品整理をしてあげたいけど、仕事などで忙しくて難しいこともあります。でも、故人の家は引き払わなければならない…なんてケースも。

不要品回収業者では、遺品整理の依頼も受け付けています。実際に遺品整理を依頼した体験談もご紹介しているので、ぜひご一読ください。

遺品整理について詳しく

ごみ屋敷

衛生上の問題や、近隣の方々への迷惑など、何かと問題になるのがいわゆる「ごみ屋敷」。片づけたほうがいいのはもちろんなのですが、ごみ屋敷を作ってしまった人がごみ屋敷を片づけるのはほぼ不可能だといってもいいでしょう。

それなら、不用品回収業者にまとめて処分をお願いしてしまうのが吉。捨てられない家主に代わって、どんどん処分してくれるのでごみ屋敷解消もあっという間です。

ごみ屋敷について詳しく

ちょっと待って!不用品回収業者を利用する前に個人情報の扱いに注意しましょう

不用品を一気に片付けるのなら、やはり専門の不用品回収業者に依頼をするのが一番手間のかからない方法です。不用品回収業者には、事務所や会社を対象としている業者や個人からの依頼を専門としている業者などさまざまな業態がありますが、一般家庭の家電や家具などを回収してもらう場合は個人宅まで出張してくれる業者が最適です。ただしそのような場合、個人情報が漏れる心配はないのかが気になるところではないでしょうか。

まず、不用品回収に来てもらうためには自宅の住所や電話番号を業者に知らせなくてはなりません。さらに、身分証明書の提示が必要となることもあります。

ただし、身分証明書の提示を求められるのは、不用品回収と同時に買取も行っている業者に依頼し買取金額の総額が一万円を超えた場合に限ります。では、なぜそのような場合に身分証明書を提示しなければならないのでしょうか――その理由には古物営業法が関係しています。盗品の売買を防ぐため、古物営業法では一万円を超える取引を行う場合は相手の住所や氏名の確認が義務付けられています。そのため、本人からの依頼であることを証明するために身分証明書の提示が必要になるのです。

このように不用品回収では住所や氏名を伝える必要があるほか、場合によっては身分証明書の提示を求められるため、個人情報を業者側に知られることに不安を感じる方も少なくないかもしれません。しかし、有名な不用品回収業者のホームページにはきちんと個人情報保護指針が公開されており、個人情報に関する問い合わせにも対応しています。個人情報を守るためには、やはり信頼性の高い業者をしっかりと見極めて選ぶことが大切と言えるでしょう。

不用品を処分するにあたって次に気になるのが、処分する品物からの個人情報漏洩です。洗濯機や電子レンジなどは特に気にすることなく処分できますが、パソコンやディスク、USBメモリなどの処分についてはどうでしょうか。

このような品物の処分にあたっても、信頼性の高い不用品回収業者であればきちんとした対応を行っているようです。内部のデータを消去する工程をホームページで紹介しているところも多くあります。

とはいえ、手間はかかるもののやはり自分で一つひとつしっかりと初期化しておくのがより安心です。パソコンの中には重要なパスワードなどが記録されていますし、USBメモリに保存してある写真画像からもExif情報で地域などを確認することが出来てしまいます。初期化できるものは初期化すること、ディスクなどは読み込みができないよう折ってから捨てることが大切です。

また、手紙やメモ、書類などが不用品の中に紛れ込んでいないかにも要注意です。タンスや引き出し付きのデスクはすべて中までチェックし、空になったのを確認してから引き取ってもらうようにしましょう。引き出しをチェックする際はついさっと見て終わりにしたくなりますが、封筒やはがき、書類などの薄いものが引き出しの下や奥に入り込んでしまっている場合もあるため、一旦取り外して確認するようにしましょう。その他の家具を処分する際にも、念のため普段見ないようなところまでチェックしておくのが安心です。

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ