HOME » わかりやすい不用品回収の方法ガイド » 悪質業者の見分け方

悪質業者の見分け方

法外に高い料金や、サービスの質が悪い、悪質な業者の見分け方をまとめています。

悪質な不用品回収業者の見分け方

不用品回収業者の中には、残念ながらトラブルになるような悪質な業者もいます。費用が法外に高い業者や、無料だと言って引き受けて後から高額の請求をする業者、見積りをせずに勝手に回収を始めてしまう業者など、非常に悪質です。

しかしこれらの業者は、きちんとポイントを選んで業者選びをすれば出会わずに済みます。以下で紹介するポイントをしっかりと押さえて、タチの悪い業者を避けるようにしましょう。

ポストにチラシを入れる業者を避ける

「無料引き取り」などの言葉が満載のチラシをポストに入れるような業者には注意が必要です。同様に、トラックで無料引取りのアナウンスをしながら走っている業者にも注意しましょう。少なくとも、優良業者ではないことがほとんどです。

そもそも「無料引取り」は信頼できない

「無料で引き取ります」という言葉を前面に押し出しているだけで、十分怪しいのです。本当に無料になることはなく、何かと理由をつけて非常に高い費用を請求するパターンがほとんど。

それなら、はじめから料金を明確にしていて、適正な料金を請求する業者を選ぶべきです。

所在地不明の業者を避ける

トラックで営業をしていて、事務所やオフィスがどこにあるのかわからない業者も避けましょう。何かトラブルがあったときに、連絡先がわかりません。泣き寝入りになってしまう可能性も高いのです。

それなら、そんな業者には頼まないのがベストですよね。

マナーが悪い業者を避ける

見積りなどで現地を訪問してきた業者スタッフのマナーにも注意。挨拶や身だしなみ、接客マナーなどが悪い場合は、サービス全般の質が低いとみていいでしょう。

マナーの悪い業者だと、家の中を汚されたり、傷をつけられたりする可能性も。ものを壊される恐れさえあります。見積りの時点である程度はその会社の質がわかります。怪しいな、と思ったらその会社に依頼するのはやめておきましょう。

私服スタッフの業者を避ける

ちゃんとした業者なら、会社の制服を着ています。そうでなければ、少なくとも作業着は着ているでしょう。私服で業務にあたっているような業者は、不用品回収のプロではない可能性があります。

仕事にふさわしい服装かどうか、できれば社員証など身分を証明するものがあるかどうかをチェックしておくとよいでしょう。

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ