HOME » わかりやすい不用品回収の方法ガイド » 粗大ごみ回収業者を利用するメリット

粗大ごみ回収業者を利用するメリット

自分で処分せず業者に不用品回収を相談するメリット

不用品回収を行っている業者は全国各地に数千あると言われ、東京・埼玉・千葉・神奈川といった首都圏だけでも数え切れないほどの業者が存在します。行政だけで大量のゴミや不用品を回収することは難しいという現状もあり、今やゴミは「お金を払って処理をする時代」になってきています。

以下では、不用品や廃品の処分を不用品回収業者に任せる4つのメリットをご紹介します。

メリット1 都合に合わせて回収してくれる

自治体が行う粗大ゴミ回収は、月1回だったり指定の日時が決まっていたりします。自治体が行っているサービスを利用する場合はそこにスケジュールを合わせるしかなく、急に転勤が決まった、急な引っ越しがある、といった場合には対応してもらえません。

そういった場合でも、不要品回収業者に依頼すれば即日対応が可能だったり、最短で回収してくれたりします。依頼者の都合に合わせてくれるところが、自治体のサービスと大きく異なるところです。

メリット2 リサイクル家電も回収してくれる

家電リサイクル法の施行以降、エアコンやテレビ、洗濯機といった「リサイクル家電」に指定されているものはリサイクルが義務付けられるようになりました。こうした家電は捨てられないので、買い換え時に新しく購入する予定の家電量販店などで引き取ってもらうことになります。PCも自治体では回収してもらえません。しかし不用品回収業者なら、このようなリサイクル家電やPCも一緒に受け取ってくれます。

メリット3 買取可能なものにはお金を払ってくれる

自治体と大きく異なるのは、買取可能な不用品にはお金を払ってくれることです。まだ使えるテレビ(あまり型落ちでないもの)や冷蔵庫、洗濯機、ブランド家具などを買い取ってくれる業者も珍しくありません。買取料金は回収金と相殺されることもありますが、回収金を上回ってお金が残ることもあります。不要品はお金を出して回収してもらうことが基本だと考えている方は、少し考え方をあらためてもいいでしょう。

メリット4 回収作業が大変でも依頼できる

大型家具などを粗大ゴミとして出す場合、その家具を出すという行為が大きな負担になります。「指定された場所に運んでいく」「家の外に出しておく」「解体(分解)する」といった作業が必要になるからです。大型の家具であれば、自宅の前に出すのにも一苦労でしょう。

しかし不用品回収業者に依頼すると、この点も心配いりません。解体に時間を要する大型家具でも、その道の専門家なら問題なく回収してくれる場合がほとんど。例えば、人によっては自宅から外に出すだけでも1日かかるような粗大ゴミでも、業者に依頼すると1時間もかからずスムーズに不用品回収が終わることもあります。

少しでも不安があったら業者に相談を

引っ越し前後に発生する片付けや、遺品の整理、ゴミ屋敷になった部屋の片付けなどが大がかりになると思ったら、プロの業者に依頼するのがベター。最近では「遺品整理」「ゴミ整理」「1日整理」などの決まった目的で不用品を回収してくれる業者がいます。

作業が大変だと予想される場合や回収品の中に状態の良好な家電・家具がある場合は、不用品回収業者に依頼するほうが得でしょう。もちろんスケジュールに余裕がない引っ越しや処分を急がないといけない場合、リサイクル家電が出せない場合などでもまとめて処分してくれるので、少なくないメリットがあると言えます。

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ