HOME » わかりやすい不用品回収の方法ガイド

わかりやすい不用品回収の方法ガイド

不用品回収の業者・サービスについて知りましょう!

「不用品や粗大ゴミを規定の日に捨てられなかった(出しそびれた)」という経験は、誰にでもあるでしょう。そんな時でも、不用品回収業者なら電話1本で駆けつけてくれます。引っ越し直前などの切羽詰まった時、不用品回収業者が助けてくれると安心ですよね。

不用品回収業者を利用する一番のメリットは、何といってもゴミの種類を問わないこと。分別の手間がかかるプラスチックや金属、そして粗大ごみなどもまとめて回収してくれます。洗濯機や冷蔵庫、テレビ、エアコンといったリサイクル家電も、回収とそれに付随する手続きをすべてやってくれるので非常に便利です。

こちらでは、そんな不用品回収の業者・サービスに関する基礎知識をお教えします。

利用するメリットを詳しく

優良業者か悪徳業者かの見極め方

チラシやWebサイトを見ただけでは、そこがいい業者かどうかわかりません。以下のポイントに注意して、優良業者か悪徳業者かを見極めてください。

回収・買取の許可があるかどうか

自治体が発行する一般廃棄物収集運搬許可(粗大ゴミや廃品などを有料にて回収できる資格)が不可欠となります。回収や買取に必要な許可を持たずに回収するのは違法です。まずはそれらを持っているかを確認しましょう。

Webサイトなどに許可の番号が書かれていれば安心です。Webサイトを保有していない業者の場合は、直接質問してみてください。また、許可と同時に不用品回収の実績についてもチェックしておくとよいでしょう。

業者選びのポイントを詳しく

費用が安すぎ(高すぎ)ないかどうか

回収料は業者によって変わります。中には「格安」などとうたっている業者もありますが、「安すぎ」でも「高すぎ」でもないところを選ぶのがおすすめです。中には特定の不用品を無料で回収するケースもありますが、それは回収品のリサイクル価値が高いから実現可能なこと。それが悪いという訳ではありませんが、全部無料というのは要注意です。

「無料で引き取ってくれると言っていたのに、最後に10万円以上も請求された」といったトラブルは数多く発生しています。「無料で引き取ります」と強く営業してくる不用品回収業者は警戒しましょう。

悪質業者の見分け方を詳しく

見積りが納得できるかどうか

見積り方法は会社によって異なりますので、「価格の算出方法がわかりやすいか」「根拠が明確になっているか」をチェックしましょう。「見積り依頼をしただけなのに、荷物を積み込んで金額を請求された」というトラブル事例もあるようなので、見積りを依頼する場合は「見積りだけ」としっかり伝えることが重要です。

 

拠点(所在地)がはっきりしているかどうか

実は、拠点が存在せずトラックだけで移動している業者もいます。明らかにトラブル前提(つまり高額請求をして逃げてしまうなど)で営業活動をしている業者です。後から見つけることが不可能な場合も多いので、領収書の発行が事前にできるかどうかを確認してみましょう。領収書には住所が書かれているので、このような業者は明かしません。

不用品回収の料金相場

悪徳業者がいる反面、最近ではわかりやすい料金体系を示してくれる優良業者もたくさんいます。「軽トラック1台分なら3万円から」「2トントラックなら5万円から」といったように、積載容量によって金額を算出している業者だと、はじめてこのようなサービスを使う方でも安心です。

また、最近では「遺品整理プラン」「部屋丸ごとプラン」など、依頼する側が理解しやすいプランを打ち出す業者も増えてきています。

料金相場を詳しく

処分費用を安く抑えるコツとは

料金設定がクリアな業者を選ぶ

料金設定が明確な業者を選ぶことは、処分費用を安く抑えるポイント。きっちり費用が決められていると、比較しながら安い業者を選べるからです。

 

 

 

基本料金を取らない業者を選ぶ

基本料金ゼロのシステムを採用している業者なら、回収する不用品の分だけお金を払えばOK。依頼する側は、安心して頼めます。

買取可能品や無料回収品と一緒に出す

買取可能品や無料回収ができるもの(リサイクルできるため無料になる)と一緒に複数の不用品回収を依頼することで、全体で不用品回収にかかるお金を安く抑えられる可能性もあります。

 

安く抑えるコツを詳しく

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ