店舗

不用品の廃棄が必要な、店舗の移転や閉鎖。不用品回収業者を利用して移転・閉鎖コストと手間を縮小するポイントをご紹介しています。

店舗回収で利用したい、不用品回収業者の体験談

閉鎖や移転にともない、店舗を閉じることを「店舗回収」と呼びます。店舗回収をする場合、不要な在庫やもちろん、什器や書類、家具・家電など、廃棄しなければならないものが大量に出ることになります。

個人の家などであれば、時間さえかければこれらは処分が可能。でも、店舗の場合は法人としての処分になるので、手間だけでなくコストもかかってしまいます。そんなときに利用するべきなのが、不用品回収業者です。

ワンストップで処分を依頼できる

店舗の什器や備品は、その多くが自治体によるごみ回収では処分できないもの。専門の業者に依頼する必要があります。しかも処分するものの種類によって業者が異なったりするので、非常に不便なのです。

不用品回収業者に依頼する場合は、これを一括して依頼することができます。しかも、在庫品や什器、OA機器などでまだ使えるものは再生品として買取りをしてもらえることも。買取りが発生すれば、その分廃棄費用に充ててコストを減らすことも可能です。

特に在庫品は、廃棄してしまえばその分だけ損をすることになります。少しでも値段がついて買い取ってもらえれば、それだけ損失を取り戻すことができます。業者に依頼せずに廃棄してしまうのは大損ですね。

店舗回収を不用品回収業者に依頼した体験談

実際に、店舗の閉店の際に不用品回収業者に依頼をした体験談をご紹介しましょう。

想像以上の低コストで回収できた!

個人で営んでいた商店をたたむことになり、備品や什器、事務用品などをまとめて処分する必要がありました。手間がかかるのも困るので、知人に紹介してもらった回収業者へ依頼することに。不用品の廃棄だけでなく、買取りにも応じてくれたので、安心してお願いできました。

いざ見積りを見てみると、思っていたよりもずっと少額の費用。買取りが思ったより高い金額だったようで、実際の支払いは微々たるものでした。次の商売を始めるのに、閉店コストが小さくなったのはとてもありがたいです。自分で処分をしなくて本当によかったです。

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ