HOME » 【法人編】不用品回収業者の利用例

【法人編】不用品回収業者の利用例

事務所やオフィス、店舗での不用品を処分してくれる、不用品回収業者の便利な利用法や実際の体験談をシチュエーション別にご紹介しています。

事務所や店舗で有効活用できる、不用品回収業者

オフィスや店舗の移転、閉鎖などに際して、不用品が大量に出ることがあります。家庭の引越しなどとは違い、自治体のごみ回収では廃棄できないものが多く、手間もコストもかかります。

そんなときに積極的に利用したいのが、不用品回収業者。廃棄が難しいものもまとめて引き受けてくれるので、手間もコストも削減することができます。

ここでは、店舗やオフィスなど、不用品回収業者を法人で利用する場合の利用例をご紹介しています。

事務所移転

事務所の移転作業は、通常業務を続けながら移転作業を進めなければならないため、とても負担が大きくなります。什器やオフィス機器などの廃棄にも時間や手間をとられがち。これを業者に任せることができれば、かなり負担が減ります。

即日対応してくれる回収業者もあるので、スピードが要求される場面でもOK。利用価値は高いと思います。

事務所移転で不用品回収業者を利用した例はこちら

店舗

店舗の移転や閉店に伴い、什器や書類、あるいは在庫品などをまとめて処分しなければならないことがあります。ただ廃棄するのが大変なだけでなく、商品在庫は廃棄することになれば大きな負債となります。

不用品回収業者は、こういった在庫品はもちろん、家具・家電の買取りもしてくれます。買取り金額を回収費用に充てることで、ほとんどコストがかからずに済むケースも。まずは見積りを出してみるのがオススメです。

店舗回収で不用品回収業者を利用するメリットとは

PC・OA機器の処分

オフィスにあるPCやOA機器は、処分が大変なものばかり。粗大ごみには出せなかったり、リサイクルショップにもっていっても買取りを受け付けてもらえなかったりします。

より買取り対象が広く、どんなものでも引き取ってもらえる不用品回収業者に任せたほうが、手間もコストもかからずに済みます。業者を利用するメリットもご紹介しているので、ぜひご一読ください。

PC・OA機器の処分に不用品回収業者を利用するメリットを紹介!

実はさまざまな種類がある法人向け不用品回収サービス

今や不用品回収は個人にとっても法人にとっても欠かせない存在になっています。会社の転居や店舗の閉店などに伴う不用品の処分は回収業者の最もオーソドックスなサービスですが、実は法人向けサービスにはそうしたシンプルな回収業務だけでなく他にもさまざまなものがあります。

 

 

持ち主不明の放置自転車の撤去

敷地内に持ち主のわからない自転車が放置されて困っているというケースは少なくありません。敷地を持ち主不明の自転車で占拠されると貴重なスペースがその分使えなくなるだけでなく、敷地の見た目が著しく損なわれたり、さらなる放置物がどんどん増えてしまうことにもつながりかねません。防犯にも悪影響を及ぼし、下手をすれば空き巣にとって格好の足場になることも。個々の物件単位では解決が難しいこのようなケースでも、不用品回収業者は強い味方になってくれます。

老人ホームなどの施設入居者の遺品整理

一人暮らしの高齢者などが亡くなった後の遺品の整理は非常に大変で、残された遺族にとっては大きな負担です。法人経営の老人ホームやケアハウスなどの利用者が亡くなった場合は施設内に遺品が残されることになるため、遺族だけでなく施設の経営者にもその問題がのしかかることになります。そんな時のために、不用品回収業者は遺品整理を請け負うサービスを法人向けに提供しています。もちろん、遺品の処分にあたっては施設経営者の都合だけでなく利用者の遺族の意向を尊重し、十分に納得の上で整理する方法を採用して個人の遺品を丁寧に取り扱うことを心がけた作業を行います。さらに遺族からの申し出があれば遺品の一時預かりも行うなど、不用品回収サービスメニューの一環として施設での遺品処理に関するさまざまなサービスを展開しています。

倉庫の在庫や半製品、イベントゴミの処分など

倉庫管理業務で発生するゴミの処分は、法人にとって頭が痛い問題です。特に倉庫の余剰在庫や回収済みの不良品、販売が不許可になった製品、市場流出禁止品などは処分方法に困るうえ、情報漏洩が起こるのではないかという心配も伴います。不用品回収業者の中にはそうした製品の処分に際しても破砕証明書やマニフェストなど情報管理を徹底しているところもあり、そのような業者を選べば安心して倉庫の整理を委託することができます。

また、イベントなどを開催した際は終了時に多くの不用品が出たり、多くの来場者がゴミを捨てていったりするためゴミの処分に困ることがありますが、そのように不定期・一時的に出た大量のゴミをまとめて処分してくれるサービスも存在します。

法人にとって不用品を抱えることは無駄なコストを発生させることにつながるため、確実・安全に不用品を処分してくれるサービスの存在は欠かせないものです。不用品業者では、単なるオフィスの不用品の片付けに留まらず、今回ご紹介したようなさまざまなサービスを提供しています。また、ここに掲載されていないサービスの提供をしている業者が見つかることもあるでしょう。処分に困るものがあったり、どう処分したらよいかわからないようなものがある場合は、一度不用品回収業者に相談してみることをおすすめします。

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ